☆☆ 神呪寺(甲山大師)へ行ってきました・・☆☆

 画像
  
 今日はお天気も良く、急きょ 兵庫県西宮にある「神呪寺(かんのうじ)」へ・・。

漢字だけ読むと なんかオドロオドロした感がありますが、神呪=真言(つまり神仏の言葉・・とでも言いましょうか・・) 恐ろしい意味ではないようです。

 その昔 天長8年(831)の 弘法大師(空海)をお迎えし本堂が落慶されたようです。

 ご本尊様は お大師さまが桜の木で手彫りされた「如意輪融通観音様」です。

 如意輪融通観音様ですから ご利益は「なんでも融通してくれる」「金運・財運」などと言われます。

 後ろには こんもり お椀を伏せたような美しい形の「甲山」がお顔をのぞかせております。

 
 さてさて、こちらのお寺 悲しく はかなく そして美しい逸話のあるお寺です。

 空海様と真名井御前(丹後の名家のお姫様)の愛と絆の物語があります。(このお話はご興味ある方は

 お会いしたときにでもお話しいたしましょうか・・(^.^))

画像

 それと、こちらへ行ったら 是非 「融通小判」をGET!してください!

 金庫・お財布に一年間入れておくと 金運のご利益があるので 大変人気なのだとか・・。

 小判には 「融通観音さま」が彫られています。

 金運を上げたい方はおススメですよ! 行ってみて!

この記事へのコメント